現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

LexarのUHS-II SDカード Professional 2000x 64GB LSD64GCRBJP2000Rレビュー

カメラ
02 /17 2017
AmazonでレキサーのUHS-IIのSDが値下がりしていたので購入してみました。型番はLSD64GCRBJP2000Rです。LexarのUHS-IIの64GBにはもうひとつ,LSD64GCRBJPR2000RというRが一つ増えている型番のものがありますが,パッケージとSDのデザインが異なるだけで仕様等は同じだということです。同じものであれば少しでも安いものを購入してみました。(他で破格だったので合計3枚購入しました。)

外観などなど

Lexar-1.jpg

UHS-II対応のカードリーダーとデータ復旧ソフトのシリアルが付属しています。SanDiskなど他のSDではUHS-IIのカードリーダーは付属していないので未だUHS-II対応のカードリーダーを持っていない人からするととても安上がりでUHS-IIを導入できます。
Lexar-2.jpg

SDカードリーダーはLEDなど無いので読み書き中かどうか判断できないのが少々残念ですがPC上からアンマウントする癖がついていれば問題ないでしょう。SDは押し込んでバネで飛び出して取り外すタイプではないです。引っ張って取り出すタイプです。MBP等のSDスロットと同じです。シンプルなので壊れにくいと思います。
lexar-3.jpg

SDの飛び出し量は少ないですが引っ張って取り外しにくいということもありません。勿論,USB 3.0なのでPC側が対応していればSDの性能をフルで発揮できます。
スポンサードリンク

LRWM04U-7000というカードリーダーになるようです。
LRWM04U-7000-1.jpg
分解すると爪が折れるので分解しないほうが良いです。
LRWM04U-7000-2.jpg
20140926製造?ココのプリントは分解しなくてもSD挿抜部分から見えます。購入した3つとも同じ数字でした。
LRWM04U-7000-3.jpg
蟹さんがいました(Realtek)。RTS5129というのが載っているみたいですが詳しくないのでそれ以上は不明。

速度チェック

現在所有しているSDはSanDisk Extreme Pro 64GBと32GBの国内正規品,Transcend SDHC 32GBなのでこれらと比較してみました。SanDiskのSDは常用しているので劣化してきているかもしれませんので参考として掲載します。使用しているPCはMacBook Pro late 2013です。CristalDisk infoはMBPでWindows 10をブートキャンプをして計測しています。左側は今回付属していたSDリーダーを用いて計測した結果,右側がMBPのSDスロットで計測した結果です。一眼レフで使用するために購入したので,Nikon D610にてフォーマットして計測しています。
Lexar-benchmark.jpg
MBPの結果(右側)ではUHS-Iまでしか対応していないのでLexarの性能を充分に発揮できていません。4kリードはUHS-Iの環境でも速いみたいです。興味深いのが付属しているSDリーダーでの結果で,SanDiskのSDは公称95MB/s,Transcendは公称90MB/sのリードなのですがそれを超えていました。何度か計測を行いましたが何れも95MB/sを超える結果となっていました。UHS-Iの規格上104MB/sが理論値なのであり得なくはないですが何故なのでしょうか。。
Lexar-benchmark-2.jpg
念のため何度か条件を変えてCrystalDiskMarkの計測をしてみましたが上記のような結果となりました。リードは公称300MB/sなので実測でも結構出てるなと言う印象ですが,ライトの公称が260MB/sで実測のほうが上回るという結果となり驚きです。原因は分かりませんがとりあえず,LexarのSDがずば抜けて速い結果となり満足です!手持ちのSDも,付属しているカードリーダーを使用すると若干速くなるようなので得した気分です(笑)

安定性など

早速,撮影の依頼があったので数千枚程撮影して使用してみましたが相性問題などのエラーは出なく至って普通に使用できました。D500等との相性が良くないことがあるみたいでUHS-IIで使用できなくするアップデートがあったらしいので,UHS-Iまでの対応のD610では何事もなく撮影できたのかもしれません。
Lexar-Sandisk.jpg
Lexar-Sandisk-2.jpg
CrystalDiskMarkや上のスクショを見ていただくとわかると思うのですが,サンディスクExtreme Proよりほんの少しだけ容量が多いみたいです。カメラの撮影可能枚数も若干多く表示されます。64GBもあれば誤差程度かもしれませんが少しだけ得した気分です。

Lexar_5.jpg
RAWのみだと,1.1k(1100枚程度)と表示されるのでRAW+JPG L FINEにすると,Lexarが918枚,SanDisk Extreme Proが915枚と表示されました。撮影可能枚数で表示されている数は,RAWだと2枚撮って1カウント減る感じなので10枚程度多く記録できるかなというところでしょうか。

買いのSD!!

現在使用しているカメラはNikon D610でUHS-Iまでの対応となっておりUHS-IIは対応していませんが,連写したりタイムラプス等で撮影枚数が多くなっているとPCにデータを移すのに時間がかかります。そこでUHS-IIのSDカードを利用することで少しでもストレスを減らすことが出来ます。
Lexar_4.jpg

現在UHS-II対応のカメラボディはNikonだとD500,Canonは無し,富士フイルムはX-T1,X-Pro2,X-T2,オリンパスはE-M5 Mark II,E-M10 Mark II,E-M1 Mark II,PEN-F,パナソニックだとLUMIX DMC-G7,ライカはLEICA SLなどのようです。(Feb, 2, 2017)

SanDiskの正規品は永久保証ですが,Lexarも無期限保証なので安心だと思います。UHS-II カードリーダーも追加で購入しなくてよく,コストパフォマンスも非常に良いです。これからUHS-II対応のカメラボディも増えてくるでしょうから,先に導入しておいても損すること無いでしょう。

SanDiskは東芝と三重県に四日市工場を持っていてそこで製造したフラッシュメモリーを使用しています。この記事で紹介したレキサーのSDは製品パッケージ(画像1枚目)にあるようにMicronのチップを使用しているみたいです。MicronはPCのメモリーなどに使われていて,非常に信頼できると個人的に思っているので安心して使用できます。ちなみに,エルピーダはマイクロンになりました

UHS-IIでは312MB/sが理論値ですからリードは殆ど最大の速度が出ていますし,ライトもこれを上回る性能のSDが発売されても見劣りしない性能だといえます。SanDisk Extreme Proの正規品だと同容量でUHS-Iの価格が,このLexar UHS-II SDと同等かそれよりも高かったりするので一番オススメできるSDです!

スポンサーサイト
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。