現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

iPhone7

Apple
09 /08 2016
iPhone7が発表されました。

Apple iPhone7

Suicaが使えるようになったり、防水だったり、やっと追いついた感はありますが、注目すべき点はやっぱりカメラでしょう(笑)

光学式の手ブレ補正はiPhone6sでは搭載されず、iPhone6s Plusだけの搭載でしたが、iPhone7からはどちらのモデルにも搭載されるように成りました。光学式の手ブレ補正によって、例えば暗いところでより長時間(と言ってもせいぜい数分の1秒程度でしょうが)露出でき、iSO感度を上げなくて良いのでノイズ軽減に繋がるでしょう。

F値は1.8でより光を捉えることが出来ます。これもノイズ軽減になります。より速いシャッタースピードで撮れます。ボケも、このセンサーサイズと画角なら殆ど変わりませんが、以前よりは気持ち大きなぼけになると思います(笑)

色域も広がっているようです。iOS10ではRAWで保存できるようなので、有り難いです。ディスプレイも従来はsRGBまで(これでも他のスマートフォンより良い、適当に”鮮やか”なだけのディスプレイではなくある程度"正確"なディスプレイだった)からDCI-P3へ広がっています。簡単にいえば、Adobe RGBより緑が狭く、赤に広いです。DCI-P3はデジタルシネマ映写の標準とされているようなので、動画系に重点を置いているのでしょう。

True Toneフラッシュは従来の2つから4つへLEDが増加したのでより明るくて自然な発光発色ができるそうです。

iPhone 7 Plusではカメラが2つつくため、2倍の光学ズームと10倍のデジタルズームが可能だそうです。光学ズーム、いいですね(笑)iPhone 7sがでるときにはPlus無しモデルも光学ズームがつくと良いですね。因みに、望遠側のカメラは、f/2.8だそうです。この2つのカメラを使って、被写界深度エフェクトという、要するにボケがデカイ写真が撮れるようになるそうです。

あと、耐水性能が追加されたのですが、水濡れによる損傷は保証の対象にならないそうですから、余り無茶しないほうがいいですね。ただ、雨の日にも撮影の可能性が広がったというのは良いことです。とても。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。