現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

D610に縦グリップMB-D14を付けたいの話

カメラ
01 /08 2016
ポートレート撮影の機会が増えました。何気なく撮るだけですが、縦グリップが欲しいと。愛機Nikon F5は取り外せない縦グリップ一体型の格好をしており、人気不人気が分かれるところではありますが、現在の一桁機を見てみるとどれも一体型となっており、それを見越したかのような設計であります。F5で縦位置撮影をすると非常に楽で、D610にも是非と、購入に至りました。

MD-D14_1.jpg
今回購入したMB-D14は、
純正Nikon マルチパワーバッテリーパック MB-D14 【並行輸入品】
のもので、互換品ではなく正規バルク品のようです。正規品だと28000円程度です。こちらは取説、保証書、シリアル無しとなっていますが、1年間の出品者(ショップ)の保証が付いており、8000円程度。下記で写真を見ればわかりますが、Nikonロゴ等入っており、またマグネシウム合金製の本体でしたので正規品には間違いないようです。説明書は、ニコン公式HPで見ることが可能で、特に設定することもないのでなくとも構わないかと思います。一応リンク貼っておきます。
Nikon MB-D14使用説明書

MB-D14_002.jpg
シリアルなどのシールはありません。D600やD610の本体側端子を保護する接点カバーはMB-D14に付けておくことで紛失を防ぐことが出来ます。このカバー、保管中に絶対なくすだろうと思っていたので一安心です。

MB-D14_003.jpg
底面はゴム張りです。D610の底面がプラでしたから、嬉しいポイント(笑)

MB-D14_004.jpg
マルチセレクターはちょっとモゲそうです。安定感が無いです、ひょいひょいっと動きます。本体側のマルチセレクターのように押すのではなく、ジョイスティックのように動かすようです。コマンドダイヤルやマルチセレクターはMB-D14側のロックレバー(シャッターのロック)が掛かっていると動きません。不用意に触れても縦グリップ側がロックされていると動かない設定のようです。またコマンドダイヤル・マルチセレクターは本体のメニュー画面でも使用することが出来ます。

互換品にはLOCKではなくLOOKと書かれているものもあるようで、ナイスセンス(笑)と思いましたが純正品なのでLOCK。ちゃんと締まっているかLOOK!

MD-D14_005.jpg
バッテリー室はシーリングされていました。ただ、防滴仕様とは謳われておらず、先のコマンドダイヤル部分は実物を見てみれば分かりますが普通に水が入りますから濡らさないようにしましょう。

MD-D14_006.jpg
単三を用いる場合は6本です。アルカリ乾電池・ニッケル水素電池・リチウム電池が使用可能となっています。カメラ本体により種別を設定します。残容量の判定に使用するようですので正しく設定しましょう。

バッテリーは1つしか入りません。設計を頑張れば2個…入らないか。ロックをしないとエラーとなり、MB-D14側から電源供給されません。

黒のケースが付いていますが、これはMB-D14用では無く、この電池・バッテリーホルダーを保管するホルダーケースです。



残容量はボディー側・縦グリ側二つとも表示されます。それぞれの撮影枚数や劣化度までわかります。電池の場合は、撮影枚数のカウントが出来ませんし大まかな残容量しかわかりません。

どちらの電源を使用しているか、黄色枠で囲まれる為わかりやすいです。


Nikon F5とD610の図。F5の方が若干横に大きく見ていてどっしりと貫禄があります。高さはほとんど変わらないみたいです。

装着してみて、思ったほど重くなりませんでした。旧サンヨンとD610の組み合わせではD610がコンパクト過ぎてホールドし辛く、F5との組み合わせの方がよっぽど楽だったので導入を検討し、縦位置ポートレートで導入を決断しました(笑)脇が開かなくなる為安定します。

この縦グリップは、本体側バッテリー室に差し込むタイプではない為保管時場所を取りません。また、剛性も高そうです。その代わり、本体側バッテリーを交換する際はいちいちMB-D14を外す必要があり面倒ですし、ネジや端子の劣化も不安があります。縦グリの電池優先使用で、数ヶ月に一度本体と縦グリのバッテリーをローテするのが良さそうです。

乾電池を使えるようになる為、非常時でもコンビニで電源確保でき、カメラが文鎮化しません(笑)F5の電池をD610に使えるようになるのも高ポイント。

-----追記-----
ずっと付けて撮影していますが、横位置でも小指が余らず、快適です。縦位置がかなりやりやすく、安定するため撮影に集中できます。重さも適度に増加し、安定性に磨きがかかります(笑)本当に快適ですよ。
--------------

互換品では3500円程度からあるようですが、特に電気系統の信頼性は大事なので正規品をオススメします。まあ私が購入したものは並行輸入品ですケド(笑)


スポンサーサイト
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。