現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon D5 D500のAF

カメラ
01 /07 2016
とうとう発表されたD5&D500。D4S比130%以上の範囲を高密度にカバーと、一気にあり得ないほどのマルチCAM 20Kオートフォーカスセンサーモジュールを開発したものだと思いました。ただ、ふと気になった事が有ります。私がD610を使っているので本当にしょうもないですが、気になったことを少し。

D5 001
D4s 001
D610 001

上からD5、D4S、D610の合成F値が5.6超~8未満の組み合わせにおける、フォーカスエイドが可能なフォーカスポイントです。D5が、37点のうち17点選択可能・クロス25点、D4Sが15点のうちクロス9点、D610が33点のうちクロス9点となっています。D610はD600やD7000などと同系列のAFモジュールですから、古いと言えるはずですが、何故かAFポイントで健闘していませんか(笑)

フラグシップ機相手にAF完敗かとおもいきや、f/5.6-f/8に於いて上下方向ならばD610は結構カバーしています、よね?(笑)

同様に、合成F値が8になる組み合わせについて見てみます。
D5 002
D4s 002
D610 002
D5では15点で選択可能9点(クロス5点・クロス選択可能1点)、D4Sでは11点(クロス1点)、D610では7点(クロス1点)と流石にD610は狭いですがまだ踏ん張っているようです。D5では-4EVの暗所でもAF出来るので凄まじいです。しかしAFポイント数で言えばD5の方が多いですが、選択可能なもので見るとD4Sの方が多く、更に左右方向も範囲が広くなっています。

あまり詳しいことは知りませんが、F値が5.6を超えると極端にAFポイントが減ってしまうところは変わっていないようです。f/5.6-f/8対応測距点が多くなっていると尚良でした、です。プロ機を購入する方は明るいレンズを余裕で購入されるでしょうから、余り問題にならないのかもしれませんね。D610付近のユーザーは明るいレンズをバンバン買わないだろうから、対応させておこうかな、的な。また、折角の153点AFも選択可能なものは55点ですから、ゆくゆくはファームアップで全選択可能に対応お願いしたいと、買えませんがお願いします(笑)



スポンサーサイト
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。