現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまNikon F5なワケ 2

カメラ
12 /28 2015
この一個前の話:いまNikon F5なワケ 1

・ちょっと変?
3万ポッキリで購入したF5様。師匠の入念なチェックに無事合格し、何事も無くお越しくださいましたの筈がどうもおかしい。ファインダー内液晶が薄い。いやー安かったし全然気にしないよ!なんて思っていたけど師匠に修理に出せと司令を受け、初期不良の期間の間に修理。勿論中古カメラ屋さん持ち。ほんとすみません。。中古カメラ屋さんって儲かるのかなぁー。ま、無事にと言うか、完璧になって帰ってきたF5!最高だね(笑)


・撮影データが欲しい!
F5が来てからというもの、時代の流れに逆らいフィルムがバンバン消費されていく。何だお前、お金のかかる奴だな。箱入り娘と聞いて二つ返事で結婚(相棒に)したものの凄まじい勢いで昼食が安もんになって、体重が減っていくではないか。師匠もバンバンフィルムを消費するが、師匠は撮影データをすべて覚えているらしい(しかも痩せていない)。写真を見て撮影データを思い出せるそうだ。いやはや師匠、ワシには無理ですよーとか思っていると、マルチコントロールバックMF-28なるものを発見。これをつけると、撮影データがコマ間に写し込めるのかー!ということで購入。勿論、師匠はそんなもんはイラン!と一蹴。只の自己満足ですよ、師匠。これでマウント作成時に書くことが増えて、ちゃんと整理しているっぽく見えるでしょう?

MF-28も元箱付きでこれまた箱入り娘。次はどんなカネがかかるんだと思っていたが、F5に依存しているらしく、F5から電気やらデータを貰っているらしい。必要なのはボタン電池一個。1年ほど入れっぱでやっと電池切れの兆候が見え始めたレベル。今度こそお淑やかな姫君に出逢うことが出来たのだ。依存しているのでお淑やかと言えないかも?


・上から覗きたい症候群
師匠が、いよいよ中判カメラに走ったので、ウエストレベルファインダーを覗かせてもらった。いやーデカイ(笑)ファインダーだけでお腹いっぱい。今思い出してもにやけが止まらないよー。そういえば、F一桁機は伝統的にファインダー交換式だったな、おいF6、君は何をやっているのだ。F5のファインダーはーと探しているとあるではありませんかウエストレベルファインダーDW-30。ハイおいでおいで〜と呼ぶも来ず。ツレナイやつだなぁーと思っていると来たのは高倍率ファインダーDW-31。何だ君は、名乗り給えと名乗らせると、6倍の高倍率ーとな。もういいよ君で。と言うかDW-31のほうが優秀そう(直感)なので大満足。使う機会は余りなさそうですが、これまた美品で、超格安で入手でき、幸せ。これは、箱入りじゃなかったけど、傷もなかった。流石にDW-31はお金もかからなさそうなイイ娘だ。趣味なんて自己満足の塊です。


・…重くない。
F5嬢は、単3を8本喰らい尽くします。いやはや参ったな。基本的にエネループ等充電池系はお気に召さないそうですが、私の相棒はエネループと仲がよろしいようです、良かった。いや、黒のEneloop PROを奢ってやってるからか?まあ兎に角重い重いと巷で不評であるが、手にとって撮影すると全くそうは感じない。バランスやホールド性が良いのか、未だ私が若いだけか、理由は不明だが、本当に重く感じない。そりゃー質量で比較するとどれとどれはこっちがどれくらい軽いとはっきりしますが、手にとってレンズを付けて撮影していて全く気にならない、寧ろしっくり来る重さというのはそうそう無いだろう。それが重いレンズをつけるとよりしっくり来るという素晴らしき哉、人生!


・ちょっと変!
あれ、シャッターを切ってもうんともすんとも言わない…え、Err…だと…。絶望。よくわからないけどありとあらゆるF5にある液晶全てから溢れ出すErrの文字。Errのクセにミラーアップしないだなんて変だなーと思っているとDXコードエラーのようだ。なぜそこを疑ったのかさっぱりだが、相棒のことは一番良くわかっている。直感でそう感じたのだから仕方ない。手動でISO感度を設定するとErrが消え、復活。なーんだ!とDXコードを自動に戻すとまたErr。取り敢えず手動で設定して、一本撮り終わって、接点を拭きます。はい、治りました。めでたしめでたし。


・最大の理由
コレを書き忘れていました。Nikon F5なワケ。フィルムで写真を撮りたいのです。ただそれだけです。将来、自分の子供をフィルムで撮ってみたいとそう思っています。フィルムで写真を撮るだけなら、A-1でも何でも良い気がしますが、撮っている自分の気分が違うと思います。またとない、その一瞬しか無いチャンスを、F5とならモノにできる!そう直感しました。他のカメラでも全然良かったかも知れませんし、これから出逢うかもしれません。じっくりとオールドレンズとカメラを使って一枚の写真を撮るのも面白そうです。機械式の信頼性にF5は勝てないかもしれません。しかし、少なくとも今の私には、この相棒と共に見て、撮ってきた最高の一瞬が沢山あります。他のフィルム機を迎え入れても、F5も必ず連れて行くでしょう。なぜなら、私の相棒だから。



F5のサブ機は、F5にしか務まらないと最近感じました。あと、3年くらいしたらOHに出すから、それまでは頑張ってくれよな、相棒。
ニコン Fマウントの行方~Eタイプ〜




スポンサーサイト
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。