現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いまNikon F5なワケ 1

カメラ
12 /28 2015
なぜNikon F5様が私の手元におこしになったか、ちょっと書いてみたいと思います。F5について知りたい方はどうぞ、カメラカテゴリから探して下さいませ。


・NikonかCanonか
私の初一眼レフカメラはCanon A-1殿で御座いました。彼にはモードラが装備されており、また、50mm F1.4という標準かつ無敵な相棒も備えておられました。ダース・ベイダー的な風貌でありました。モードラは重すぎて、しかもA-1の露出で連射しようと考えたことすらありませんでしたが、私の良き仲間として活躍してくれました。購入して数日でマックの椅子から落とし、軍艦部がほんの少し凹んで、私のテンションも凹みマックスでしたが、何の事はない、無事に動かれました。Canon A-1をお迎えするにあたり、私の師匠に相談したのですが、師匠は根っからのNikonユーザーでした。他に中判もしておられますが、135はニコンです。

A-1導入後数週間すると次はデジイチの選定と相成りました。一眼といえばキヤノン!と思っていましたが、師匠がニコンユーザーでしたので、5D3とD610で対決することになりました。斯く斯く然々で、D610がようこそお越しくださいました、です。ということで、ちょっとだけ、Canonユーザーでした。


・F4?F5?はたまたF100???
デジ一が来たので、本格的にフィルム一眼を買わねばなりません(義務感)。それが弟子ってもんでしょ。A-1が本格的じゃないとは思っていませんが。でもレンズが共有できる、ニコン、君に決めたッッ!もし初一眼がFDマウントでなく、EFマウントだったらキヤノンユーザーだったでしょうね。マウント変更の罪は大きく、深いぞよ。

師匠のフィルムカメラ達をお触りさせてもらうと、一桁機が段違いにすごい!F80のうみゅっとかいうシャッター音とは格が違うね、そうそう、F4のシャッター音は今でもTVのカメラの効果音で使われるくらい典型的なシャッター音らしい。師匠は2万円で50万番台のF4を買ったというので、ならば私もそれをと、中古カメラ屋めぐりを師匠とする運びとなりました。ただ師匠が言うには、どうもF4は私にとって使い勝手が良くないらしい。MFレンズを持っていないじゃないかと!いつかは師匠見たく、MFレンズを買い漁るから大丈夫ですよなんていっては見たもの、F4案は却下。ちょっとだけ意地っ張りなのでF4を使いこなしてみせると思ってしまったのは内緒。

代わりにと提案されたのがF100。F4のメーカー修理が終わってるっていうのもある。えー一桁機じゃないなんて!と言いたかったけど言えず、中古カメラ屋さんでお触り。もともとF4を買う2万円は持っていたので十分足りる。はぁー憧れのヒトケタは遠いよ…と思っていたら、F5もついでに触ってみることに。この期を逃してはならないと、猛烈に師匠にアピール(笑)明らかにフィーリングが違ったし、店員さんも(売りたいから)F5を勧めてくる。チャンスとばかりに。まあ、買うのは私ですが。確かにF5ならF4と違って、VRも、絞り優先も使えるからと師匠がOKを出す。一瞬触ったF4のシャッタースピード優先プログラムオート(PH)で絞り優先みたいに使えそうで、それで私には十分じゃないかと一瞬思ったけどF5に心奪われたのでF5!


・運命の出会い
しかし、そうは問屋が卸さない。F5は当時3万前半で、並品が相場。超ボロい。酷使されているのが見え見え。はぁー一桁のためならボロボロでも構わないよ〜なんて思ったが、中古カメラ屋巡りの日なので名残惜しいけどその店を後にする。どうせ戻ってきても売り切れるほど探されてないだろうしね。そうこう数件巡っているとじゃあ、次でラストと師匠と少し遠目の通(ツウ)には有名なカメラ屋へ。残念ながらF5は家出しているようであった。

ボロいF5を買いに戻ろうかと思っていたが、店員様が話しかけてくれたのでF5はないか聞いてみるとなんとあった(笑)入ったばっかりで、並べていないだけらしい。超美品!サブ機として購入したものでたまに持ち出すとかそういうレベルだと思われる代物。圧板もピッカピカだし、説明書もF5ストラップ(細くて使う人いなそうだけど)も元箱だってある!なーんだ、家出してたんじゃなくて箱入り娘だったのね貴女。いや待てよこれは高いわーとか思って値段を聞かないことにしたが、師匠が聞いてしまった。まだ値札を付けていないので3万で勉強しますとな、師匠、それワシのF5やで、横取りは赦さん!と思っていたら、師匠は師匠でお値打ち品を探し当てたようで無駄な争いは回避。お店も一気に売れてみんな幸せ、これぞまさしくWin-Win(笑)クレカがあって助かった。

そういうことで、F5がお越しくださいました。そうしてカメラだけ、師匠を超えたのであった。師匠からするとF5のファインダーはF4より見えづらいからダメだそうだ。ネットでもそういう評判だけど、そんなのは関係ない。F一桁機として君臨したF5、君に死角など存在せぬわ!かくして、若さを武器にその重くて、でっかくて、真っ黒な相棒を今日もどこかに連れ回すようになりました。

続き:いまNikon F5なワケ 2



スポンサーサイト
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。