現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Nikon F5 DW-31 EC-E(B)の話

カメラ
12 /22 2015
Nikon F5です。

Nikon F5_005_00001

Nikon F5には、標準でEC-Bスクリーンが付いています。ECはエレクトロクロミック(エレクトロクロミズム)のことだそうです(ElectroChromism)。化学反応によって、選択したフォーカスエリアが着色するので、液晶と違い1-2秒ほどラグが有ります。壊れているわけではありません。デジタルと違い、撮りまくったりしないので気にしません。仕事で使う方はもどかしかったのでしょうか。EC素子は液晶よりも透過率が高いようです。私が購入したF5にはEC-Eタイプのスクリーンが付いていました。Eタイプは、方眼入りのスクリーンです。

Nikon F5_006_00002

EC-B、EC-Eのファインダースクリーンには電子接点があり、選択したフォーカスエリアを表示できます。それ以外のスクリーンでは枠が書かれており、濃くはなったりしませんが、ファインダー内の三角表示によりどこのフォーカスエリアなのかを判断することとなります。ファインダースクリーンを交換すると、露出補正をしなければならないレンズが有り、初期装備のEC-B・Eタイプではその必要が無いのでECタイプのスクリーンをオススメします。

現在、予備も含めてEC-B、EC-E、U(200mm以上の望遠を使用する場合、B型よりファインダー像が見やすくなる・焦点距離の短い広角レンズでは、周辺が暗くなり適しない)のスクリーンを持っています。ヤフオクやカメラ屋さん徘徊の成果です。ファインダースクリーンは、コンデンサーレンズと焦点板から構成されており、コンデンサーレンズはガラス、焦点板はアクリル樹脂で出来ているため、柔らかく傷がつきやすいとのことです。ヤフオクで台に直において撮影されているモノは傷ついてそうで怖いので注意です。

一度、焦点板側に指紋をつけてしまったことが有ります。清掃の際にうっかり。拭くに拭けないので、精製水を用いて根気よく洗い流しました。。無水アルコールだともっと早く指紋が落とせたかもしれません。コスパは精製水が圧倒的に良いはずです。水道水は乾いた後跡が残るのでダメです。また、洗浄すると、コンデンサーレンズと焦点板の間に精製水がはいってしまいました。ジップロックと(新品)シリカゲルのお陰で30分ほどで水は蒸発しました。勿論、精製水を用いていたため、乾燥跡は無く、また念のため1日乾燥させたので問題なく動いています。

Nikon F5_008_00004

高倍率ファインダーDW-31(右)は、ファインダースクリーンを直接拡大して上から覗く形となります。スクリーン上の像を約6倍に拡大というモノで、視度調節可能です。厳密なピント合わせ(接写・複写)、被写界深度の深い広角レンズ使用時に威力を発揮するようです。測光はボディ側のAFモジュールに依るスポット測光のみとなり、中央部の約φ3mmを測光するようになります。コレはウエストレベルファインダーDW-30も同じです。

アイレベル式マルチフォトミックファインダーDP-30(左)は、ホットシュー・アイピースシャッター・視度調節が可能で、1005分割3D-RGBマルチパターン測光が可能で、視野率約100%・約0.70倍となっています。DP-30があれば撮れないものは殆どなさそうです。ハイアイポイントは試してみたいですが。

Nikon F5_009_00005

F5は、マルチCAM1300というAFモジュールを搭載しています。中央部及び左右はクロスセンサーとなっているようです。上下はシングルセンサーのようですが、少し傾けることでAFが迷いにくいように工夫されていると何処かで見た記憶があります。上記写真では、上のセンサー(採光部)が若干斜めに見えませんか?もっとマシな写真を撮ればよかったです(笑)


Nikon F5 MF-28 DW-31の話
Nikon F5 MF-28をもう少しの話
Nikon D610 F5 DP-30 DW-31ファインダー内表示




スポンサーサイト
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。