現在の閲覧者数:

スポンサーサイト

スポンサー広告
-- /-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

RealSSD C300 64GB ファーム0007 にしてみるの巻

PC
08 /11 2011
最近、PCのメインメモリーを4GB⇒8GBに増設したところ、Firefoxがちょくちょくフリーズするようになってしまいました。Memtest86+を2周だけ(時間の都合上)回してもエラーは無し。しかもWindows エクスペリエンス インデックスの"プライマリ ハード ディスク"のサブスコアが5.9になる始末。購入当初はSATA3.0接続、ファーム0002⇒0006で、
C300 0002

参考として、SATA2接続で。
C300 001
SATA3では公称より大分速い数値を叩き出してくれたC300でしたが、約80%も使用するとさすがに遅くなるのでしょう。

と、ここで、ファームウェアを確認すると、0007が出ている!ということで導入しました。

両方共、再起動後"Soluto"というソフトでシステムが完全に起動したことを確認。いつもの環境で測るためアンチウイルスソフトなどスタートアップに起動するソフトは停止せず計測しました。

まずは0006。
C300 F0006

次に0007。
C300 F0007
使用時間に差がありますが、再起動直後の計測です。

両方共私の環境では"健康状態""温度""バッファサイズ"など表示できないということに変わりはありませんでした。

0006と0007のReadの速度は殆ど変化はなく寧ろ多少遅くなっている傾向。しかし、Writeの速度は大幅に向上!何も入れていない購入当初に迫る勢いの速度を叩き出しています!特に"4K QD32"の項目では誤差と言えない位速度が上がっています。

これはとても興味深いですよね?と言っても、なぜか自分の環境ではWriteが遅いので元々のものに戻ったという言い方が正しいのでしょうが何があったのでしょうね~。

Firefoxはそこそこ順調でWindows エクスペリエンス インデックスの値も7.6に回復?しました。

結局メモリー増設での問題発生ではなかったということになるのでしょうか?

あと、最新ファームはこちらにあります。C300もm4もです。
crucial:Firmware Updates




スポンサーサイト
スポンサードリンク

コメント

非公開コメント

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。