現在の閲覧者数:

LexarのSDに付属するImage Rescue 5で画像を復元した話

未分類
03 /18 2017

Introduction

そこそこな値段のSDカードなどを購入すると,ファイル復元ソフトが付属してくることが有ります。SanDiskだとRescuePro Deluxe,LexarだとImage Rescueでした。この復元ソフトのシリアルが同梱されているかどうかで偽物ではないことを確認するということにもなるのですが,今回は本気で,誤って画像を削除してしまったので,復元してみました。

誤って,消した。

普段なら,撮影から帰ってくると取り敢えずPCにRAWデータをコピーしてから編集し始めています。編集中にAmazon Driveにアップロード完了という感じにするはずでした。ところがその日に限ってSDのRAW画像を直接開いて編集して書き出していました。

ある程度書き出したので,SDを空けるためにRAWの方を削除してしまいました。Shift + Deleteで一発でした(笑)Delだけだったら良かったのに~。

Image Rescue 5で復元しよう。

取り敢えずSDを取り出して,普段「要らないよなぁ」と思うLockツマミで(念のため)ロックして,再びPCに挿入します。最近購入したLexarのSDについてきたImage Rescue 5のシリアルを活躍させます。
Image rescue 5 1
HDDは表示されず挿入しているSDだけが表示されました。右下のスキャンをクリックしてスキャンを開始します。
Image rescue 5 2
取り敢えず待ちます。3フェーズ中1フェーズ目が一番時間がかかるみたいで,2, 3フェーズ目の表示は放置している間に直ぐ終わっていました。
スポンサードリンク

Image rescue 5 3
感動の瞬間です(笑)全て選択・選択解除が有るので楽です。一つ一つ選択も可能です。今回は全て選択して右下の復元から復元しました。
Image rescue 5 4
ファイル名は元の画像名ではないファイル名になってしまいましたが,ファイルが無くなるよりマシです。私はMacに標準で入っているAutomatorで復元後一括リネームしました。
Image rescue 5 5
復元は非常に早く完了します。今回使用したSDカードは公称リード300 MB/sだったのでSDのリードよりHDDへのライトの速度がボトルネックになっている感じです。それでも60 MB/s前後で復元でき,CPUへの負荷も殆ど無いので扱いやすい復元ソフトだと感じました。

助かった!

本当に助かりました。まさか誤って削除するだなんて自分でもびっくりでしたが丁度LexarのSDを買っていたので良かったです。なんだかステマっぽいですが,本心です。

今回完璧に復元できたのは,削除したと判明した時点でSDにデータを書き込まないようにしたからです。削除してもデータ自体がすぐに消えるわけではなく見えなくなっているだけなので復元できるのですが,上書きされると復元できなくなるため,それ以上書き込まれないようにすると,復元できる確率がかなり高いです。

今回は自宅で消してしまったので簡単に復旧できましたが,撮影途中で消してしまった場合など直ぐに復元できない状況に備えて予備のメモリーカードを幾つか持っていることなども大事だと思います。予備がないとその画像を諦めて撮影を続行するか(もしかすると復元できるかもしれないが希望薄),それ以降の撮影を止めてメモリーカードの温存に徹しなければならなくなります。なので高品位でなくとも安めでも予備のSDカードを持っていることは非常に大切です!

因みにSanDisk Extreme Proも所有しているのでRescueProも!と言いたいところでしたが,1年間しか使えないので期限切れでした。期限があるRescueProは必要になるまでシリアルを寝かせておくほうが良いかもですね。

スポンサーサイト
スポンサードリンク

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。