現在の閲覧者数:

SONY XB90EX 購入しました~

いろいろ
02 /01 2013
SONY XB90EX

今回は、XB90EXを購入し、約一ヶ月ほど使用したので軽くレビューしたいと思います。
今までは、audio-technica ATH-CKS90を一年半ほど使用していました。が、ポケットに手でコードを丸めて入れて持ち運ぶなど、雑に扱ってしまったため、Y字のところ(コードの分岐点)が断線し、左側が聞こえなくなってしまいました。いつか、ハンダ付けでもして復活させようと思っているのでとってありますが。

そんなことはどうでもいいとして、今回これを選んだ理由は、先のイヤホンと殆ど同じ定価だったからと、φ16mmドライバーという、先のより3mm大きくなっていて、少し試してみたくなったということです。

コードもマル(CKS-90)から平麺のようなタイプで丈夫そうです。
XB90EX01
細かい溝で絡みにくいそうです。

画像の、銀色の部分と、大部分を占めている、灰色の部分はプラ製ですが非常に綺麗です。
金属製ならなおよし。

実際使ってみたところ、高音がCKS-90よりも出ていません。CKS-90では、ものすっごい低音を期待していて、初めての(自分にとって)本格的な?イヤホンということもあり、脳内補正がかかっていたのかもしれませんが、CKS-90では、
『あれ、こんなところに高音が!』『ここでも鳴ってる!!』
というような、新発見がたくさんあって嬉しかったのですが、これは低音におされて高音が息をしていません。

低音の迫力はすごいです。CKS-90なんか比べ物にならないです。最初にXB90EXを購入していたら確実にCKS-90の低音がー、迫力がー、と書いていたことでしょう。

だがしかし、高音の心地よさが忘れられなくなってしまったので、次購入するときはCKS-90の後続機、ATH-CKS99や数字が一気に吹っ飛んで、ATH-CKS1000なんかもあるので、そちらを購入したいと思います。

厳しいレビューだと思いますが、是非参考にしてください。
音の聞こえ方には個人差があるので、100人に1人くらいは、『あれ、高音どこ行った~』の人がいるかもしれませんよ。


スポンサーサイト
スポンサードリンク

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。