現在の閲覧者数:

『Game Fire』の実力やいかに!ベンチマークで数値化してみた!

PCフリーソフト
11 /13 2010
早速、今回のベンチマークの結果を公表しよう。
結論から言えば、自分の環境ではこれといったスピードアップ等は感じられなかったし、実際にベンチマークの結果も伸びなかった。

~今回のPC構成~
OSWindows7 Home Premium 64bit
CPUIntel Core i7-860
M/BGA-P55A-UD3R
MEMORYCetus DCDDR3-4GB-1333
VGAGeForce GTS 250 1GB
HDDDeskstar 7k1000.c
HDDWD20EARS 

さて、今回使用したベンチマークソフトとその設定について。
  • Game Fire の不使用使用の順に使用。
  • 3D Mark 06』→Monster Hunter Frontier OnlineBIOHAZARD Benchmark Version』で1ターンとする。
  • 各ターンでのベンチマーク測定前にPCを再起動させる。
  • PCの起動から約10分待ち、CPUの使用率が0~2%が持続することを確認。
  • CPUやプロセスはタスクマネージャーから確認する。

・3D Mark 06 Basic Edition設定
無料版なので設定の変更はなし。

Monster Hunter Frontier Online設定
RESOLUTION1920x1080
FULL SCREENON
ADJUST ASPECTON
LOOPOFF
BGM VOLUME127

BIOHAZARD 5 Benchmark DirectX10 Version 設定
スクリーン解像度1920x1080
画面モードフルスクリーン
ディスプレイ周波数60Hz
垂直同期オフ
フレームレート可変
アンチエイリアス4x
モーションブラーオン
影品質
テクスチャ品質
画面クオリティ

っとまぁ、簡単に見たい方にとってはどうでもいい情報かもしれませんね。不明な点や改善すべき点がある場合はコメント欄に書き込んでください!

気になる結果は…
・3D Mark 06 Basic Edition 結果
Game Fire不使用使用
実行前のプロセス数9393
スコア1433014318
どうでしょう?殆ど誤差程度で、特に効果がないことが分かります。
実際のゲームとは若干異なるのでもしかしたら実在するゲームのベンチマークでは…

・Monster Hunter Frontier Online 結果
Game Fire不使用使用
実行前のプロセス数9191
スコア61696171
予想とは裏腹に測定誤差程度で収まっています。

BIOHAZARD Benchmark Version 結果
Game Fire不使用使用
実行前のプロセス数9191
ベンチマークテストA:fps40.4fps(Average)40.6fps(Average)
ベンチマークテストA:RankBB
ベンチマークテストB:fps44.9fps(Average)44.8fps(Average)
ベンチマークテストB:RankBB
やはり敵(ゾンビ?)が多いとフレームレートが下がりますね(;´Д`)
しかし今回もやはり期待していたような結果とはならず…

結果:高速化はなされなかった。気持ちの持ちようか?
しかし、ノーパソでは違う結果になる可能性も?
今回の『Game Fire』を起動すると、4GBメモリーの使用が1.75GB程だったのが1.5GB位になった。
これは、ノーパソ等のゲーム用に特化していないPCでは大きな違いとなって現れてくる可能性もあるし、少ないメモリーを積んでいるなら見逃せないだろう。
実際、今回のテストを実施したPCはそこそこ3Dゲームが出来るように自作したつもりなので、逆にこのソフトを導入して爆速になったとしたら何のためにお金を掛けたのかわからなくなってしまう。

高性能PCを持っているのであれば、オーバークロックしたほうがよっぽど早くなるし、確実だろう。
実際にCPUを2.8GHz→4.2GHzとするとBIOHAZARDのベンチマークは平均60fpsを越すこともある。

どうしてもノーパソや数年前のPCでゲームがしたいという人は試してみる価値はあるのではないだろうか?



http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101112_gamefire/
スポンサーサイト

ゲームが快適に動くように設定してくれるフリーソフト『Game Fire』

PCフリーソフト
11 /12 2010
ゲームが快適に動くように設定してくれるフリーソフト『Game Fire』

みなさんはゲームをしようとしたときに、特にFPSとかがロビーまで来ているのにいざ始めようとするとフリーズしたり、エラーが表示されてできなかったりしたことはありませんか?
現在使用中の自作(自称)ゲームPCでは殆ど起こっていませんが、家族共用のノーパソではしょっちゅうかくかくしていました。
オンラインではラグが命取りとなってしまいますよね?

そんな時に使って欲しいのが『Game Fire』です。
ゲーム時に必要のないWindowsのサービスやアクセス、機能類を停止若しくは抑えることで快適なゲームライフをエンジョイさせてくれます!

予め、各種設定をしておき、ゲーム直前にワンクリックするだけで最適化してくれ、ゲームが終わって元に戻したい時もワンクリックで通常のサービス類を戻してくれます。

Download Game Fire
Game Fire beta 2 for 64-bit systems
Microsoft Windows XP, Vista and 7 32-bit and 64-bitに対応しており、きっと出来なかったPCゲームも起動するようになるでしょう!

上記リンクからダウンロードし、インストールもしておきます。
インストールが完了したら、デスクトップにショートカットが出来ていると思うので、それをクリックして起動させてください。
game fire 001

右上、『Settings』から『Gaming Profile』へ。
game fire 002
  • Hardware:プリンターやデジカメ等のサポートのオンオフ
  • Visual Effects:Windowsのテーマ等の変更
  • Windows Functions:Windowsのインデックスサービス、自動アップデート等の設定
  • System Security:WindowsファイアウォールやWindows Defender等の停止等
となっているそうです。

実際にどれくらいの効果が出るのでしょうか?

次回はこのソフトを有効化した時の効果を検証したいと思います。
えっ、なんでこのページでしないのかって?
そりゃあ、確実な検証をしたいので再起動させてそれぞれ測るためだよ!

次回に乞うご期待!

追記:完成しました!ぜひこちらも御覧ください!
『Game Fire』の実力やいかに!ベンチマークで数値化してみた!



情報元:http://gigazine.net/index.php?/news/comments/20101112_gamefire/
スポンサードリンク

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。