現在の閲覧者数:

フィルムの色

写真
08 /23 2016
フィルムの色って何なのでしょう?
フィルムの色のほうが味が出てるよね~とか。

デーライトで設計されているから、正確な色を出したかったらフィルターで補正しなきゃいけないんじゃないの。デジタルではオートホワイトバランスで撮っているのにフィルムは何もせず、撮って、フィルムの色だ!味がある!とかダメじゃない?

それを言ったら、デジタルも5500Kにしてずっと撮ってみたら良いんじゃない?って言う考えも出来るかも。まあ、デジタルも機種ごとに違う写真を特にJPEGだったら出してくるわけで、それはフィルムの銘柄やロット違いでも色が違う。


この間、と言うか一年前くらいに、リバーサルを展示していたら、この色はあり得ない!なんて言っている趣味で写真撮る人がいた。普通に真っ昼間に撮ったやつだし、ありえるんですよ。付けていたフィルターといえばレンズ保護フィルターでした。捏造出来ないのですよ、フォトショとか使えないしね、フィルムに。ライトボックスは堀内カラーのイルミックスを使っていたから、透過光の影響で変に見えたとかは多分無い。普段どんな環境で色を見ているんでしょうか。直接、色がおかしいとか言ってくれればいいのに、言ってくれないからそういう人は。応答(反応?対応?)出来ずに、変な色だったなぁって勝手に思われてしまう謎。あーめんど。


コンビニに寄ってみると,大学生が「iPhoneの写真の現像?あの,プリントアウト?ってどうやるん?」って言う会話をしているのを聞いておっ?と思った。まあ現像っつーのはDevelopmentで,プリントアウトは焼き付けでPrinting,ついでに言うと引き伸ばしはEnlargementであるから,iPhoneで撮った写真は既にRAWからjpgに現像済。だから用語としては違っているわけであるが,言い直しているのは偶然か。それより現像って言う単語をすんなり出してくるのはイイね。ギリギリフィルムを知っている世代と言えるのかも知れない。


妹が,成人式を迎えるそうなので,どうせならD610だけでなくフィルムでも撮っておこうか,なんて考えてみたり。いつもはポジだからF5の信頼性(AE, AFその他全てにおいてカンペキである)を期待するか,ETRで645か,ってなるのだけれども,67を新規導入するか,なんて考えてみたりする。中判かーーー。何故か知らぬ間にバイト代が貯まっているようなので導入できるにはできるけれども,67を買ったが最後,ETRの出番は激減するだろう。海外に行く時には持ち出せるか?まだ20代前半と言うのを武器にしてやっぱり67を持ち出すのではないか(笑)どうせなら後一年早く中判買っておいたなら,Los AngelesやYosemite National Park,Grand Canyon National Park,Las Vegasあたりを中判で撮ったのだが。とか考えてしまうと,F5,ETRは使わなくなるのかもしれない。悩ましいなぁ。

スポンサーサイト

フィルムは無くなるのか

写真
08 /19 2016
フィルム文化っていうのは無くなる可能性があるのか。と,ふと思った。

そりゃーまあ100年後とかは無いかもしれないが,当分(十年程度?)は大丈夫ではないだろうか。

私は地方に住んでいるが,一件だけ,リバーサルを2時間ほどで仕上げてくれるところがある。一度,リバーサルは使う人がいるのかと質問したところ,プロでも要望があるらしく,大量に現像する人がいるという。ハァー,殆どのプロはもうデジタルに移行したと聞くが,クライアントさんがリバーサルを要求したらそりゃリバーサルで撮るよなぁ。リバーサルでと頼む人もいることに驚き。そりゃいるだろう,と言うツッコミはいらない。地方都市で,「大量に」というのが驚きなのである。

さらに,近くの国立大の医学部から(プロよりも)大量の現像が未だに依頼されるそうだ(3-4桁本/月らしい)。センシアIIIは医療用に使える,結構忠実な発色であったと聞くが今はもう無いはず。センシアIIIの製造終了は2011年12月末だとWikipediaは教えてくれた。さすがに最終ロットのフィルムでも2016年まで期限が残っているはずがない。では何のフィルムを使っているのであろうか。冷凍保存すればフィルムの延命は可能だが,医学会で発表する(かも知れない)ものを,期限切れのフィルムで撮るだなんてことは多分しないのでは?改ざん防止でフィルムを使っているのか,それとも教授クラスの人がデジタルを使いたがらないのか知らないけど。

まあ,そういう大量の現像のおかげで,地方で2016年なのに即日どころか2時間で現像が仕上がるわけである。


もし,フィルムがなくなると,プロでも研究でも「もうフィルムの製造が終わっちゃって」となって,完全デジタルになるだけで,なんとかやっていけるかもしれない。今や病院のレントゲン撮影もデジタルの時代であるからね。しかも富士フイルムがそれをやっている。富士フイルムは既にフィルム関連が無くても,倒産しない会社になっているのだ!実際にフィルムの関連事業の売上高は全体の1%未満とのことだ。

でも街の写真屋さんはどうだろうか。スマホで写真を撮る時代。スマホでもPCでも写真は大画面で見ることができる。しかもプリントしたL判2L判よりデカイ!フィルムがなくなるとそれこそ写真をプリントするなんて人も激減して,殆どの写真屋さんは無くなるのではないか?カラーネガは少なくとも印刷しなければネガ像なので見難い。だから同時プリントの需要はある。(ポジは現像だけで完成し,プリントすると,高い。)デジタル画像も,同じように写真屋さんでプリントできるから写真屋さんでプリントを頼もうか,となる。銀塩プリントなんて言われるものは自宅では出来ない。インクジェットだと,普及している染料は濡れると滲んでしまうから優位なポイントであるが,無いならないでじゃあ顔料でやるかとなる。顔料は,滲みにくい(滲まないと言ってもいいレベル)。

中古カメラ屋でさえ,フィルムがなければ買う人も激減し,倒産するだろう。多分する。コレクションにする人はフィルムがなくてもいいかもしれないが,それは写真をする人ではなくてただのコレクターの類とみなせるから価格崩壊すると思う。安くなって,ちょっと買ってみたけど,ただの飾り物でしか無いことに直ぐ気づいてしまい,売りに出そうにも安く買った置物が,さらに雀の涙程度の値段でしか売れないのでやっぱり家に飾るか,押入れに仕舞いこんで,終わり。市場にも出ないくなるし,出ても買い手がいないので,中古カメラ屋の利益は無くて,終了。


富士フイルムがフィルムをやめても,富士フイルムだけは倒産しないが,街の写真屋さんは壊滅する。今までパートナーであった写真屋さんを潰す訳にはいかない,ということもあるかもしれないし,逆説的にフィルムをやっていても倒産しないということなのかも知れないが,当分は大丈夫だと思う。説得力皆無である(笑)

IMG_9854.jpg
写真は,Kodak E100VSを,E100VSでとった写真。それを105mm Micro-Nikkorで複写したもの。自分で自分を撮るようなものか?(笑)

まあ今回の内容は,偏見に満ち満ちているから,根拠もないし,真に受けないでほしい。

プライムフォトいい感じ

写真
02 /13 2016
Amazonプライム会員の特典としてプライムフォトが利用できるようになっているので使ってみています。Google Driveでも写真は無制限に保存できますが、1600万画素までという条件付きでしたので、これまでバックアップは外付けHDDのみに行っていました。プライムフォトではどのサイズの写真でも、RAWでもJPEGでも、関係なく無制限に保存できるようですから、プライムフォトをバックアップ先として併用していこうと思います。

prime photo 001
主にRAW(NEF)を3万枚弱アップロードするのに約19時間かかりましたが一枚もエラーが出ることなしにアップロード出来ました。719GBとのことで申し訳ない気持ちが多少ありますが、このプライムフォトが始まったのを知り、昨年12月に退会して二度と入ることはないだろうと思っていたプライム会員に1月に直ぐに入り直したので期待しています。年1900円で無制限保存は有り難いです(Student会員なので)。自宅にバックアップを複数用意していても自宅にもしものことがあった際、全て失う可能性があると思います。また、容量不足や劣化などで定期的にHDDを買い続けなければならないと思います。そういったことを考慮すると、年1900円や3900円でRAW画像も無制限にしかも自宅とは別の場所に保存できるというのは破格です。

Cloud Driveに対応しているRAWファイルはNikonだとNEF、CanonはCR2、SonyはARWとなっていてそれ以外で写真として認識されないRAWファイルはDNG(Adobe Digital Negative)に変換すると写真として認識され、無制限に保存できるようになります。ほかに.jpg .jpeg .bmp .png .tiffが写真として容量無制限だそうです。

iPhoneでAmazon Photoアプリを使ってRAW画像を見ることも可能で、そのままiPhoneに保存することも可能。全データを上げれるので、ニコンイメージスペースの20GBより明らかに便利!

まあ、ある程度高速なネット環境がないときついのと、手元にも、もしもに備えてバックアップは必要だと思いますけど無制限が永遠に続いてくれることを祈ります。。

もし学生さんでまだ会員でなければ、Amazon Student会員紹介←から登録すると1000円以上相当のAmazonで使えるクーポン的なのがもらえます。



2016年 雪

写真
01 /24 2016
昼、起きたら雪が凄い。まあ、昨夜遅くにベランダで一服しているとちらほら降り始めていたので積もるだろうなぁとは思っていたが、テンションは上がる(笑)

2016snow_001.jpg
1/400 F5.6 ISO100 Nikon D610 + 300mm f/4D
バイクカバーをかけ忘れてしまい、可哀想なNinja(笑)すぐ相棒にカバーかけましたが、時既に遅し。ちょっと、雪の中を走ってみたい気はするが、絶対こけるので、乗らない。ナンバー隠れちゃってるけど、これどうなるんだろう。整備不良とかで走っているだけで捕まるのかな。それとも振動で落ちるのか、要検証(笑)

2016snow_002.jpg
1/1600 F1.8 ISO100 Nikon D610 + New Nikkor 85mm f/1.8(AI改)
妹作、雪だるま。作ってから少し時間が経ち、更に積もってしまった(笑)寒すぎて全身が震える。ピントなんて合わせられない。ここらへんで雪が積もるのは数年に一度っぽいので寒い。こういう時はストーブが一番。モノホンの火は暖かい。

フラッシュ炊くと、雪がそこそこ写るので早く買っておけばよかったなーなんて思ったり。内蔵フラッシュじゃケラれてしまうんだ。資金に余裕がある時にでも買って、練習しておかないとなァ。Nikonはスピードライトって言うよね。SB-700あたりがちょうど良さそう。


旧サンヨンとリバーサル

写真
01 /24 2016
旧サンヨン(300mm F4D)とリバーサルで撮った写真を少々。D610 + 105/2.8Gでデジタル化、スタンダードで現像、WBはプリセットマニュアルをイルミックスIII(ライトボックス)で取得、色はいじっていない。撮影データはMF-28のお陰。TC-17E II は未だ導入していなかったので全て300mm。

3655_06.jpg
1/1250 F5.6 RDPIII Nikon F5
ちょっとピント位置あってないかも。デジ一だったら超シビアなので多分ボツ(笑)フィルムだったら気にしない。135の許容錯乱円と言うか、被写界深度には入っているんじゃない、たぶん。

鉄道はあまり撮らないので詳しくない。左右で表情が違うのが好き。もう少し日が傾いて、夕日カラーになるのも撮っておけばよかった。D610では撮ったのだけれども。電柱の間を抜きたくて、TC-17E IIの導入を決意した日となった(笑)

3655_10.jpg
1/640 F5.6 RDPIII Nikon F5
超なんとなく、新幹線がなかなか来ないので撮った1コマ。どれ位の写りなのか気になったので。D610でデュープした後、リサイズしたのであまり感動しないけど原版を見るとよく写ってるなぁ〜とは思った。ルーペで見ると左端の打刻もくっきり。

3655_03.jpg
1/160 F4 RDPIII Nikon F5
開放ではどんなかなぁーと。おしりの色を見るとわかると思うが、そこそこ日が傾いていてSSがそれほど稼げなかったので手ブレか被写体ブレは若干入っているかも知れない。軽い流し撮りっぽく撮った。デジタル慣れして、くっきり解像していないと死んでしまうと言う人はフィルムを使えないかも(笑)少なくとも後一段絞ることは、私のスキルでは無理だった。

久しぶりに写真を載せるので少しだけ嬉しい。ライトボックスで見たように、載せる事が出来ないのは悲しい。まーリバーサルの、撮影者に与えられた特権でありますな。RDPIIIだけだったのは不覚。最近あまり使ってないけどVelvia50高いなぁ(笑)

AI AF-S Nikkor 300mm f/4D IF-ED購入
AI AF-S TELECONVERTER TC-17E II
旧サンヨンが帰ってきた!

スポンサードリンク

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。