現在の閲覧者数:

Amazonベーシックの単3・単4充電池を買ってみたのでレビュー!

いろいろ
05 /03 2017

Amazon Basics充電池!

Amazon Basicsで充電池を購入したので簡単なレビューをしたいと思います。今回購入したのは,
の2つです。

AmazonベーシックはAmazonグループが全世界で展開しているブランドで,手頃な価格が魅力です。Amazonベーシックの商品には1年保証がついていて,今回の電池も1年保証があります。今回購入した充電池の特徴は,何と言っても日本製!にあります。日本製なので,eneloop系のOEMではないかと想像しています。

外見などなど

まず,外装です。段ボールで簡素なフラストレーションフリーパッケージに入っています。
Amazon_Basics_battery-1.jpg

中は説明書と電池が入っています。4本ずつ包装してあります。意外にも,電池の向きが揃えられています!流石,日本製。単3の方は黒で,単4の方が白ですが,同時に注文したものです。黒のほうが新デザインらしいです。
Amazon_Basics_battery-2.jpg

電池のデザインはこんな感じです。黒の新デザインではプラス(正極)が緑色でわかりやすいと思います。201607とあるので製造は2016年07月ということでしょう。
Amazon_Basics_battery-3.jpg

白色で届いた単4の方はこんな感じです。明るい雰囲気なので白のほうがキレイかも(笑)
Amazon_Basics_battery-4.jpg
スポンサードリンク

電極の部分

eneloop Proの単3を持っているので単3の方は並べて比較してみました。高さは同じみたいです。正極の穴がeneloop proには空いていますが,Amazonベーシックの方には空いていないという違いがあります。
Amazon_Basics_battery-5.jpg

電極のザラザラ感?は同じみたいです。
Amazon_Basics_battery-7.jpg

負極側は,Amazonベーシックのほうが出ている円の部分が大きくなっています。大きい方が接触不良に強そうな気がします。
Amazon_Basics_battery-6.jpg

単4は他に持っていなかったので比較はないです。単3にはなかった正極の穴が単4にはあります。
Amazon_Basics_battery-9.jpg

負極は平らです。以前使用していたeneloopの単4も同じだったと記憶しています。
Amazon_Basics_battery-8.jpg
eneloopと遜色ない作りでしっかりしている充電池のようですね。

Amazon Basics充電池オススメです!!

充電池といえばeneloopという方も多いかと思います。充電式エボルタ(Panasonic)もありますが,充電式エボルタは中国製です。eneloopは日本製で,今回紹介したAmazonベーシック充電池も日本製です!

Amazonベーシック充電池は出荷時の充電の一部に太陽光発電を取り入れているので環境に優しく,また,到着してすぐに使用できます。充電池を購入しようと思っても,数を揃えると結構タイヘンですよね。長い目で見れば安くなるのですが初期投資が大変だと思います。Amazonベーシック充電池だと有名ブランドのものより安く揃えることができます!その上日本製なので安心だと思います。ぜひ皆さんもAmazonベーシック充電池を使ってみてください!!

スポンサーサイト

最高624MB/sの転送速度 SDの新規格UHS-IIIとは?

いろいろ
03 /14 2017

Introduction

2017年2月にSDカードの転送速度が最高624MB/sとなるUHS-IIIが発表されています。なので簡単に今までのUHS-I,UHS-II規格と比較してみたいと思います。
SD-1.jpg

今までよりどれ位速いか?

簡単に規格と転送速度をまとめると,以下の表のようになります。
規格
転送速度
UHS-I 50 MB/s 104 MB/s
UHS-II 156 MB/s 312 MB/s
UHS-III 312 MB/s 624 MB/s

UHS-IからUHS-IIになる時にSDの端子が1列から2列に増えました。上の画像のSDのうち2枚はUHS-IIのSDカードです。UHS-IIからUHS-IIIでは端子は増えません。

それぞれの規格の最高速度は表の右端を見ると良いです。また,理論値になるので発売されている,その規格に対応している一番速いSDでの実測は若干遅めに出ます。2017年3月において,購入できる最速付近のSDカードを以下の表にまとめます。速度はメーカー発表の数値です。
メーカー 商品名 規格 Read Write
Sony SF-Gシリーズ UHS-II 300 MB/s 299MB/s
Lexar Professional 2000x UHS-II 300 MB/s 260 MB/s
SanDisk Extreme Pro UHS-II 280 MB/s 250 MB/s
Toshiba Exceria Pro UHS-II 260 MB/s 240 MB/s

Sony SF-Gシリーズは2017年4月下旬発売予定なので未発売ですが最速(になる予定)なので記載しています。

UHS-IIは上限まで来ている

UHS-II規格は2011年1月に発表されています。ソニー SF-Gシリーズが2017年4月に発売されるとすると6年程度で上限まで達したと言えるでしょう。

PCに搭載するSSDなどはRW 500 MB/sを超えるものが殆どになっていますし,MacBook Pro 2016では最大3.1 GB/sのシーケンシャルリード,2.2 GB/sのシーケンシャルライトのSSDが搭載されています。SDとSSDでは状況が異なりますが,フラッシュメモリ側は速度をあげようと思えば上げられるような感じです。

現在は4k動画をスマホやデジカメで撮影することが出来るようになってきました。ゆくゆくは8k動画も気軽に撮影するようになるでしょう。そうなると,転送速度を上げなければ書き込みが間に合わずに…ということも出てきます。
スポンサードリンク

競合する規格,CF・CFast・XQD・CFexpress

デジタル一眼レフカメラでは,SDの他にCFが長らく用いられてきましたが最近ではNikonはXQD,CanonはCFastを採用し始めています。CFより速いXQD・CFastを採用することでRAWで連射しても,容量いっぱいまで撮影できるようになりました。UHS-IIでは無限には撮れないようです(充分な枚数は連射できる)。

下表にそれぞれの記録媒体と理論値などを示します。
種類 規格・モード 速度理論値 註釈
SD UHS-II 312 MB/s
UHS-III 624 MB/s
CF UDMA 7 166.6 MB/s ATA
CFast CFast 2.0 600 MB/s SATA3 6.0 Gb/s
XQD XQD 2.0 312.5 MB/s PCIE Gen2 2.5 Gbps
625 MB/s PCIE 5 Gbps
CFexpress CFX 1.0 2.0 GB/s PCIE Gen3x2, NVMe
CFX 1.x 8.0 GB/s PCIE Gen3x8, NVMe
CFX 1.0より大きい

UHS-II以上でSDはCFより高速になっています。CFastは形状はCFと同じですが,インターフェースにSATAを用いているのでコネクタが違います。SATAなので今後転送速度が上がるとは考えにくく,実際にCFexpressが発表されました。CFexpressはXQDと同じ(?)形状でPCIEを用いているところも似ています。互換性があるかは不明ですが,PCI ExpressなのでXQDもCFexpressも将来性が有ります。
CFA Introduction to ``CFX''

プロ向けのカメラではSDより(CF・)XQD・CFastが多く採用されるのでUHS-IIIのSDが624 MB/sでも問題ないのかもしれません。一応,UHS-IIIによってSDカードはXQD・CFastと同等の速度が出せそうです。SDは幅広い機器で使用できるので便利ではありますがPCIeを用いるXQD・CFexpressは伸びしろが沢山有るので,UHS-IIIでは最速になれない気がします。

UHS-III 624MB/sの恩恵を受ける事ができるか

現在,USB 3.0を搭載したPCが一般的になりました。ただし,USB 3.0では1ポート当り5 Gbps(=8 b/10 b=4 Gbps)=500 MB/sが上限です。つまり,(XQD・CFastの理論値でも同じですが)USB 3.0ではUHS-IIIの理論値は,出ません。

USB 3.1 Gen1でも同じですが,USB 3.1 Gen2なら10 Gbpsなことと様々な事情によって約1.21 GB/sの転送速度になるようなので,USB 3.1 Gen2の環境ならUHS-IIIをはじめXQDやCFastでも(今のところ)大丈夫と言えそうです。

USB 3.1 Gen2だけだとベンチマークを眺めて喜ぶくらいしか恩恵はありません。もう一つ,重要な箇所,HDD/SSDがあります。SATA 3.0では600 MB/sが上限でUHS-IIIより若干遅いですが体感できる差では無いでしょう。UHS-IIIの理論値に近いSDがすぐに登場するかは不明ですが当然,素のHDDではそれがボトルネックになります。何台かHDDを用いてのRAID 0かSSDを検討しなければなりません。UHS-IIIを迎えるための環境づくりをしないといけないなんて,大変です。

Lexar-benchmark-2.jpg
これはUHS-IIのLexar Professional 2000xでのベンチマーク結果です。MacBook Proでよく画像を扱うので取り敢えずMacに全てコピーする時に速いので助かっています。UHS-IIIになってもある程度の恩恵を受ける事ができると思っています。

速さは,力だ

結局,速いことはとても重要です。数年後にはUSB 3.1 Gen2搭載PCが一般的になっているでしょうし,どのパソコンもMacBook ProみたいにNVMeの超高速SSDが当たり前になっていると思います。そうなるとPC側のボトルネックは無くなるのでUHS-IIIの速度を余す所なく発揮できます。

UHS-IIははっきり言って余り普及していないような気がしますが(Canonは今のところ一切採用していない),UHS-IIIの登場で普及してほしいと思います。ビデオスピードクラスと言うものも策定され,今までUHSスピードクラスU3(30 MB/s)だったのが,8k動画を見据えたV90(90 MB/s)のシーケンシャル最低処理速度と規格が出来たのでSDはまだまだ使えるメディアとして活躍するでしょう。

ブルガリの香水瓶を分解してリードディフューザーにしよう!

いろいろ
02 /27 2017
使い切った香水の瓶はどうしていますか?香水の瓶はガラスで出来ていてしっかりしていますしデザインもこだわってあるのでどこに置いても様(さま)になりますよね?ということで,空になったブルガリの香水の瓶を使ってリードディフューザーにしようと思います!もちろん,他の香水の瓶でもできます!
BVLGARI_Pour_homme_1.jpg
プールオムの香水の形の分解の仕方が探しても無かったので記載しますと,キャップを外し,スプレーの頭を抜きます。ゴム手袋やゴムの滑り止めが付いた軍手など兎に角滑らないようにした手で銀色の部分を思いっきり引っ張ると,下の画像のように抜けます!
BVLGARI_Pour_homme_6.jpg

どうしても抜けない,ゴム手袋が無い,銀色の部分は要らないという方であれば,マイナスドライバーを下から差し込んで色々していると抜けます。銀色の部分はプラスチックかと思っていましたが,金属だったので変形させるともとに戻らないので引っこ抜くのが良いと思います。手を切らないように注意してください。
スポンサードリンク

外し方が分からなかったので,空の,最初に試した方は曲げてしまいました。。
BVLGARI_Pour_homme_2.jpg

こんな感じで,プラスチックの輪っかで嵌まっているので,また付けることも出来ます。
BVLGARI_Pour_homme_5.jpg

銀色の筒を外したら,カシメてあるスプレー部分を外します。この香水ではビール瓶の栓抜きみたいな下から梃子(てこ)の原理を使った外し方は,引っかかる部分が少ないため向いていないようでした。なので上から攻めます。千枚通しで適当なところに穴を開け,外していきます。アルミみたいな柔らかい材質なので手の力だけで簡単に出来ます。
BVLGARI_Pour_homme_3.jpg

5分位で外すことが出来ました!
BVLGARI_Pour_homme_4.jpg

ガラスのみになったので,お気に入りの香水や余っている香水などを入れてリードディフューザーにしました。
BVLGARI_Pour_homme_7.jpg

口が狭いのでスティックは5-6本くらいしか入らないみたいです。香水を無水エタノールグリセリンで薄めて作りました。グリセリンを混ぜると揮発しにくくなり長持ちするようです。香水だけを使ってリードディフューザーの液にしても大丈夫ですがすぐ蒸発してしまいもったい無いので薄めたほうが良いと思います。ただし,水を混ぜるとカビの原因になるのでそれだけは厳禁です!

リードディフューザーのスティックだけだと100本で800-1000円程度とかなり安いので空き瓶と組み合わせることでお店には売っていない自分だけの香りのリードディフューザーを格安で作ることが出来ます!!

『飲む点滴』とも言われる甘酒をヨーグルトメーカーCHF-A100で手軽に作ってみよう!

いろいろ
02 /04 2017
最近,甘酒がブームになっているそうです。以前からそこそこ飲んでいたのですがブームのお陰でいつも購入していた甘酒が売り切れになってしまい,購入できないので自分で作っている次第です。初めは炊飯器で作ったりしていたのですが作っている間にご飯が炊けないとか,結構失敗しやすくてもったいないなーと思っていたところ,ヨーグルトメーカーで甘酒が作れるらしいので挑戦してみることにしました。

今回購入したのは,タイガー ヨーグルトメーカー タイマー 温度調節 機能付き CHF-A100-ACと言うものです。2017年1月に発売された新製品らしいのですが,購入したあと新製品ということを知りました(笑)
Amazake-3.jpg

専用の容器もありますが,500mLや1000mLの牛乳パックも入るようにできていて蓋もついています。発酵容器・蓋・スプーン等熱湯消毒に対応しているので雑菌を死滅させることが可能です。甘酒の麹菌,ヨーグルトの種菌以外の雑菌を繁殖させる可能性が減るのでとても助かります。
Amazake-1.jpg

温度は20-60度まで1度刻みで設定できます。安いヨーグルトメーカーだと,温度調節が任意で出来ないものがあります。
Amazake-2.jpg

時間は1-48時間まで1時間刻みで設定できます。温度/タイマーキーをタッチすると切り替えられます。シンプルで操作ミスがありません。スタート/ストップキーを押してスタートさせた後は一度ストップさせないと変更できませんが誤って調節つまみを回して変更されてしまうというミスが起こらないので良いと思います。スタート時とストップ時は音が鳴ります。
スポンサードリンク

製品紹介は程々にして,甘酒を作るので米麹が必要です。
Amazake-6.jpg

左がみやここうじと言うものらしく,ふわふわした綿みたいなものが沢山出ています,ちょっと可愛いです(笑)右は乾燥米麹でパラパラしています。どちらを使っても甘酒は出来ます。乾燥させていない米麹のほうで作ると,ぷちぷちとした食感の甘酒が出来ました。面白い食感ですが好き嫌いがありそうです。

材料は,普通に炊いた温かいお米180gと,60度のお湯240mL,米麹120gの3つだけです。ここには写っていませんが温度計が必要です。お米とお湯の温度が高すぎると麹菌が死にます(笑)作り方は色々あるようなのですが,今回はヨーグルトメーカーの説明書にかかれている作り方で作ってみます。
Amazake-4.jpg

乾燥させていない米麹は板状になっているので,パラパラにほぐします。乾燥米麹は最初からパラパラです。お湯とお米を付属の容器に入れて,米麹を入れてよく混ぜます。普通に炊いたお米ではなくお粥と米麹から甘酒を作ったりも出来るようです。米麹を入れる時はお皿から入れようとするとこぼれやすいのでキッチンペーパーなどに乗せて入れたほうが良いですよ。
Amazake-05.jpg

混ぜたら,ヨーグルトメーカーにセットして出来上がりを待ちます。60度で6-10時間ほどです。予め温度と時間を設定・スイッチオンにしておくといい感じにヨーグルトメーカーが温まってくるので,容器を熱湯消毒したりお米を混ぜる時にスイッチオンが良いかもしれません。

途中で何度か混ぜて,できた甘酒がこちら。
Amazake-7.jpg

時間と温度,材料(の量も)を揃えてどちらも作ってみましたが,生の麹を使ったほうはプチプチ食感でとても甘いです。乾燥米麹のほうは甘すぎずちょうどいい?甘酒になりました。家族は食感以外はあまり変わらないと言っていましたが,米麹を色々変えてみると味も食感もぜんぜん違うと思います。

甘酒は飲む点滴なんて言うフレーズをテレビで聞くようになり面白い表現だな〜と思いますが,そんな飲む点滴をヨーグルトメーカー米麹温度計で簡単に作れるので是非甘酒作りに挑戦してみませんか?

本物?偽物?シャネル エゴイスト プラチナム 外箱無しの瓶の画像

いろいろ
01 /28 2017
シャネル エゴイスト プラチナム(CHANEL EGOISTE PLATINUM,エゴプラ)の瓶の画像です。外箱なしのエゴプラなるものを購入したので参考にしてください。本物の確証はありませんが今まで使用していたものと香りは同じでした。瓶の作りからして多分本物と言えるでしょう。偽物も出回っているみたいなので,今回購入したエゴプラの画像を高画質で載せたので,参考にしてください。
CHANEL-EGOIST-Platinum-1a.jpg
斜めと真横からの画像です。キャップは銀と言うより金色(ピンクゴールド?)でした。
スポンサードリンク
検索すると銀色だったりピンクゴールドだったり両方の画像が出てきます。
CHANEL-EGOIST-Platinum-2.jpg
底面の画像です。Made in Franceです。アメリカ製もあるようですが今回購入し届いたのはフランス製のエゴプラでした。刻印が底面にあったり,裏側の下部にあったりするみたいですが今回のは底面でした。
CHANEL-EGOIST-Platinum-3.jpg
偽物が出回るほどに良くできた傑作の香水だと思います。シャネル エゴイスト プラチナム 50mLエゴプラ 100mLでは箱無しや並行輸入品なら数千円程度しか変わらないので100mLのほうが明らかにお買い得ですね。

箱無しとのことでしたが,私が購入した時は黒のダンボールの簡易包装はありました。外箱有りだと銀の外箱に入っているはずです。日本語の成分表示シールも画像では外していましたがありました。ヤフオクではなくて少々高くともAmazon等でエゴプラを購入したほうが偽物に当たる可能性は少ないかなーと思います。

スポンサードリンク

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。