現在の閲覧者数:

Amazon ベーシック 円偏光フィルター CPL

レンズ
09 /14 2016
AmazonでPLフィルターを買おうかなーと迷っていると、丁度よさ気なCPLを見つけたのでポチってみました。本当は、PLでよかったので(円偏光じゃなくて偏光を探していた)、2000円程度で大手メーカーのがあるからそれにしようとしていましたけど。

CPL-01.jpg
Amazonベーシック 円偏光フィルターは意外と人気があるみたいで、在庫を切らすと2-3ヶ月程度入荷しないみたいです。


日本のフィルター大手3社でもびっくりの過剰包装です。ダンボールですよ(笑)しかも一枚だけ!割れるよりましですか。

CPL-02.jpg
因みに、薄枠ではないので注意。超広角だとケラれるかもしれませんが、フルサイズのD610+24-85の24mmでもフィルター一枚だけならケラれませんでした。横着して保護フィルターの上から重ねると微妙にけられました。フィルター2枚重ねのときは、C-PLは最もレンズ側に来るようにしなければなりません。C-PL→ レンズフィルター→レンズの順に付けると、C-PLを回しているうちにレンズフィルターがレンズとしっかり噛んでしまい、外れなくなる可能性が出てきます。作りはそんなに悪く無いです。フィルターに質感を求める方は余りいないでしょうし、C-PLを常時つけっぱなしの人も余りいないと思うので普通に使用できますよ。

CPL-03.jpg
マルチコートを謳っていたのでいくつか比較してみたいと思います。K&F Conceptの、以前買ったやっすい72mmのCPLはコーティング無しのようで、ギンギラギンに反射しています。アマゾンベーシックのCPLは合計14層の反射防止コーティングがしてあるようです。Waterproof Coating(防水コート)が裏表面に有るようで、清掃用の無水エタを綺麗に弾いていました。

因みに蛍光灯を反射させています。

スポンサードリンク

CPL-04.jpg
Kenko MC UVと、Kenko PRO1Dとの比較ですが、おおよそMCプロテクターと今回のCPLは同等のようです。PRO1Dは余り反射していませんね~。

CPL-05.jpg
HAKUBA ULTIMAと、今回のアマゾンCPLはULTIMAが高価なだけあって反射少ないです。

CPL-06.jpg
Kenko ZetaMarumi EXUS、アマゾンCPLでは流石に前2つがずば抜けています(笑)Zeta埃が凄いですが、気にしないでください。ZetaとEXUSは反射していないように見えますが、どんなに頑張っても反射がそもそも殆ど起こらなかったため、角度違いで反射が見えないわけではありません。かなり優秀です。Zetaは青系、EXUSは褐色系の反射です。

コーティングの色、各社違いますね。勿論、厳密な比較ではないので余り当てにしないで欲しいのですが、値段の割にAmazonベーシック 円偏光フィルター良さそうだよ=コスパよさ気でした!!

因みに、Amazonベーシックの"UV保護レンズフィルター"はコーティングがないようなので、他のを買ったほうが良いですよ。

スポンサーサイト

カラスコ生産終了

レンズ
02 /16 2016
コシナ Voigtlanderの
COLOR-SKOPAR 20mm F3.5 SL II N Aspherical Ai-S
COLOR-SKOPAR 28mm F2.8 SL II N Aspherical Ai-S
2016年02月15日付けで生産終了だそうです。
28sl2n.jpg
20sl2n.jpg


コシナ製のフォクトレンダーは残り
ULTRON 40mm F2 SL II N Aspherical
NOKTON 58mm F1.4 SL II N
になってしまったようです。

それほど高くないレンズ群ですが、AFで無くMFレンズが減るのは悲しいですね。新しい設計のレンズでも出てくれれば良いのですが(笑)



メタルなレンズフード LH-58N

レンズ
01 /21 2016
フォクトレンダー NOKTON 58mmのレンズフードだけ、在庫がありましたので先に購入しておきました(笑)在庫が切れると次の入荷がいつになるか分からないという、このレンズとフード。

lh-58n_1.jpg
レンズキャプまで付いているという謎仕様。予備?なくしたことがないのでどうすればいいのやら。レンズキャップは内つまみ式でした。外つまみ式だとこのフードとレンズキャップは同時に使いにくいので良かったです。刻印はシルク印刷ではなく彫刻で、少しだけ嬉しい。3箇所にそれぞれMade in Japan、LH-58N、VOIGTLANDERが入っています。

lh-58n_2.jpg
NOKTON 58/1.4が来ると、Nikkor 50/1.8Gは下取りに出て行ってしまうので今のうちにフードだけ比較します。LH-58Nは浅いです。2/5程度しかありません。58mmなので、50mmより深いフードでもいいような気がします。長いメタルフードは他にも出ていますから特にこだわりがなければ他をあたったほうがよいかもしれません。

lh-58n__3.jpg
lh-58n_4.jpg
肝心のNOKTON 58/1.4が無いので50/1.8Gに付けてみました。浅いです。ねじ込み式で、簡単に外れることはないでしょう。ねじ込み式なので頻繁に脱着すると摩耗してしまいそうだと思っていましたが、この浅さだとつけっぱなしで保管しても邪魔にならなさそうです。プラやラバーのフードのほうが誤って他の機材に当ててもそれほど影響が無いので気楽そうではあります。やっぱり、金属フードは中華鍋の音です。

VOIGTLANDER_001.jpg
Äが、可愛いよね(笑)

本当に一瞬、入荷したので純正に目がない方は有るときに確保しておくべきでしょう。有るときはずっと有るんですけどねー。コシナさん早くNOKTON 58/1.4作ってー!

--追記--
NOKTON 58/1.4 SL II N購入しました。写真系を別ブログにしたので外部リンクです。
Voigtländer NOKTON 58mm F1.4 SLII N購入したよ!

メタルなフード HS-14

レンズ
01 /19 2016
メタルなスプリング式レンズフードHS-14です。
hs−14_001
New Nikkor 85mm F1.8(Ai改)につけるために新品購入しました。そのレンズのフードはHN-7だそうですが無いので代わりに。HN-7はねじ込みレンズフードのようなのでねじ込みにしようかとも思いましたが逆付けすると収納時に楽だという他レンズの情報もあり、スプリング式にしました。何の事はない、あと2mmほどフードの直径が大きければ逆付け出来ました(笑)

hs−14_003
反射防止も当たり前ですがしっかりしています。

hs−14_002
フィルター部分に装着するのでちとダサくはなりましたが、プラスチック製にはない良さが有ります。使い込むとより愛着が湧きそうです。スプリング式ですが、しっかりとフィルターのネジと噛み合い、簡単には外れないようです。指で弾くと中華鍋の音がします。

Nikon HS-14 JAPANはシルク印刷されており、彫刻ではないのが残念。以前はこのHS-14も彫刻で白を入れていたようです。85/1.8についてきたレンズキャップもスプリング式で、外つまみ式だったのでレンズフードとレンズキャップの同時装着は割り箸くらい指が細くないと無理。かと言って内つまみ式レンズキャップを買うまでもなさそう。HS-7、HS-9、HS-12など長さが違うスプリング式レンズフードがありますが長いほうが遮光効果は高いので迷わずHS-14で行きました。特にケラれること無く使えます。と言ってもこのレンズを新規購入する人はそう多くなさそうですが。

New Nikkor 85mm f/1.8(Ai改)


New Nikkor 85mm f/1.8(Ai改)

レンズ
01 /17 2016
ニューニッコール 85mm F1.8です。フォクトレンダー NOKTON 58mm F1.4 SL II Nの予約をしに近所のキタムラに行ったら置いてありました。C(難あり品)でコーティング剥がれありでかなり安かったので見てみると、前玉に一箇所、後玉に小さいのがそこそこ有るようでしたが中は普通に綺麗なようで試写して持って帰ってきました。

new_85_1.jpg
1975年6月発売で4群6枚、最短撮影距離0.85mとなっているようです。相当昔のレンズですが、オールドレンズの部類に含まれるか怪しいところ。

new_85_2.jpg
前玉のコーティング剥がれは写っていませんが、後玉のは結構ありますね。キズはないようでしたし、相場は知らなかったのですが安かったのでいいかなーと。後玉のキズ・汚れは基本買わないのですが。マウントは非常に綺麗でした。

new_85_3.jpg
被写界深度目盛、現行のレンズでは殆ど省略されていますが、このレンズにはそこそこあるし、赤外撮影の為に赤外指標も付いています。色褪せも凹みや大きなキズもほとんど無いようで何故そこまで安いのか謎でした。

F1.8とF2.8の間にワンクリックあります。F2位だと思いますが、元々この場所にクリック感があるのかそれとも一度分解されズレてしまったのか、はたまたその場所でF1.8の設計となっているのか分かりません。絞り羽根の様子を観察するとF1.8で開放、F2と思われるクリックの場所では少し絞られ、F2.8ほどガッツリ絞りこまれてはいません。

new_85_4.jpg

LENS MADE IN JAPAN、日本製じゃない部品はどこでしょうか。フォーカスリングのラバー劣化は仕方ないです。フォーカスリングはこっつんこします。

new_85_5.jpg
new_85_6.jpg
ピクチャーコントロールはスタンダードで、倍率色収差補正オフ、軸上色収差補正オフです。上がF1.8、下がF5.6です。今日退院した旧サンヨンさんを写してみました。軍艦部Nikonにピントを合わせましたがいい例ではなさそうです。強烈にボケました。

Ai改です。豚の鼻が付いています。D610他デジタル一眼では個別レンズ登録をすると使えます。帰宅後気が付いたのは、レンズ中ほどにカビ?バルサム切れ?がありました、まさか見逃すとは。カビっぽくないのでバル切れだと思いますと言うかそうであって欲しい(笑)同じ店舗に置いてあった、Nikon F4のファインダーが見やすくて感動。MFレンズ用にF4買おうかな、と真剣に考え始めました。F5やD610のファインダーだとピントの山が掴みにくいです。

購入金額は2800円税込。帰宅後調べた相場は並品23000-25000無いくらい?らしく、超ラッキー(笑)取り敢えずカビなら成長すると思うので隔離・放置します。85mm欲しかったので丁度良かったです。2800円なら、買いですよね?

-----追記-----
このレンズに貼り合わせ面はなさそうで、つまりバルサム切れではなさそうです。カニ目レンチを購入してとりあえず清掃だけしておきました。
--------------

メタルなフード HS-14



スポンサードリンク

K

覚え書き程度のブログですが、
細々と書こうと思います。
人生ソロプレイ中です。
偶にソロではなくなります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。